北海道で車検の受付け希望は雪の降る時期は避けた別の期間が良い

マイカー族には必ずやってくる検査

マイカーを持つ人の悩みの一つに挙げられるのが、車検費用です。新車の場合は3年目、それ以降は2年に一度必ずやって来るものです。例え、走行距離がゼロであっても、2年目と時点で検査を受ける義務が発生することになります。この検査を受けずに走行してしまうと無車検車運行となり、道路運送車両法違反で、6カ月以下の懲役を受けるか30万円の罰金となります。加えて、違反点数は6点を取られ、一発免許停止と言う厳しい処置が待っています。そんな無駄をなくすために、誰もがこの時期になると点検に出すことになるのです。そして検査を受付ける時には、点検すること、整備をすること、更には自賠責保険に入ることが義務となっています。

有効期限ない検査を行う必要がある

この車の検査において、検査を受けることが出来る有効期間が設定されています。それが検査日の一カ月前から、検査を受けることが出来るようになっています。このシステムを上手に使うと、費用も意外と安く済ますことが出来ることが考えられます。北海道は、雪が降る直前に夏タイヤから冬タイヤに交換する必要があります。冬の期間中は、スタッドレスタイヤの出番になります。しかし多くの人は、北海道地方での降雪予報が確実になった時、メーカーやガソリンスタンド、タイヤ販売店等に飛び込んで来るのです。そのためこの時期の検査受付けは、人手不足に陥ってしまい困ることになるのです。タイヤ交換で忙しく、検査への手が回らないことになってしまう恐れが十分にあるのです。そこで販売店などはこの時期の検査を避けるため、早期受付を勧めることが多くなります。お店の都合ですから、当然値引きの割も大きくなることも十分考えられます。

いろいろな手をつくして費用を安くする方法を

絶対に受ける必要がある検査です。そして一般的には、現金を用意することを言われることになる検査です。この車検のための検査は、一カ月前が基本となっていますが、継続審査での車検の受付は、本来いつでも良いことになっています。任期満了日に近いことが、有効な手段であって、2カ月とか3カ月前と言う期間であっても大丈夫となっています。今では、冬の北海道から出稼ぎがなくなりましたが、出稼ぎに出るような人は、前もって検査を受けて行く人もみられました。今車のディーラーなどでは、パックを利用して少しでも費用を少なくしようとする傾向がみられます。価格競争が激しい中、お店ごとの努力がみられます。それぞれに比較して、検査を受けると良いのでしょう。

記事を共有する