アンテナ工事で用いられる分配器と分波器の違い

テレビや録画レコーダーを買い足した場合など、宅内にて何らかのアンテナ工事が必要になる場合もあります。例えば接続する製品が増えたことで、必然的にアンテナ端子も増え、分配器などが必要になる場合もあります。そこで注意が必要なことは、それとよく似た名前に分波器がある点です。この両者では働きも目的もまるで違いますので、それを把握しておく必要があります。どちらもアンテナ工事では時として要になる製品ではありますが、使い所が異なりますので、自分で配線ケーブル類のアンテナ工事を行う場合では注意が必要です。その違いは、分配器はアンテナ信号を幾つかに分ける製品であり、分波器は複数の種類のアンテナ信号を、それぞれの種類の信号に分ける役割りがあります。例えばUHFとBS信号が混在しているものを元のUHFとBSに分けて、それぞれのアンテナ入力端子に接続する場合などに利用する製品になります。

パラボラアンテナによるアンテナ工事での製品選び

衛星放送を自宅で楽しむ場合では、地上波放送のアンテナでは受信できませんので、専用のパラボラアンテナの導入が必須になります。もっとも、アパートやマンションなどの住宅の場合、棟内配線で既に各戸に受信電波が届けられている場合もありますが、そうでない場合では、バルコニーなどでアンテナ工事が必要になります。一軒家の場合では、受信に更に有利な屋根上設置という選択肢もあります。どちらの場合でもパラボラアンテナを導入することになりますが、それには視聴する衛星放送ごとに適合する種類が異なりますから、購入する時はその確認が必要です。近年では兼用タイプもありますので、それをチョイスすることも一つの方法です。また、パラボラアンテナの大きさなども重要になる場合があります。例えば気象状況で受信感度を左右されたくない場合では、大きなサイズが有利であることが一般的ですので、その検討も大切です。

テレビの有料放送を楽しむためにアンテナ工事を依頼

テレビは毎日の生活の中で、なくてはならないもののひとつです。ニュースや情報番組をはじめ、ドラマやバラエティなど、娯楽のひとつとして毎日楽しく観てます。特に春になると待ち望むのがプロ野球の開幕です。我が家では応援しているプロ野球チームがあり、毎年春の開幕を楽しみにしています。応援しているチームの本拠地が遠いということもあり、なかなか球場に足を運ぶことができず、もっぱらテレビ観戦なのですが、年々、地上波での試合の放送が減ってしまい、テレビ観戦が全然できなくなってしまいました。そんなとき、有料放送で全てのプロ野球の試合を観ることができるプランがあることを知り、加入することにしました。電話で加入申し込みをしたのですが、その際、アンテナ工事をしなければいけないということで、日時を予約して来てもらいました。有料放送を楽しむようになってそろそろ5年が経つのですが、一試合も欠かさず応援チームの試合をテレビ観戦できるようになり、本当加入してよかったと満足しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*