アンテナ工事により設置する機器

各種のアンテナ工事で設置する機器はアンテナだけではなく、ブースターもその代表的な機器になります。この二つの機器の関係は、まずアンテナで電波を受信して、その後にブースターでその受信した電波を増幅します。そして、テレビやレコーダーに電波を送るという仕組みになります。勿論全てのアンテナ工事でこの二つの機器がワンセットで設置される訳ではありませんが、テレビなどが多い場合では、ブースターを設置した方がより安定した電波状態を確保できる様になります。またブースターには多岐に渡る種類がありますので、屋外で設置されている場合では、既に設置済みの場合でありましても、普段の生活でまず意識することが無い存在でもあります。一方、後日必要に応じて自分でブースターを取付ける場合では、屋内用のタイプも市販されていますので、その製品を購入して取り付けると良いでしょう。

アンテナ工事の数々の種類

アンテナ工事と申しますと、新規にアンテナを設置することだけのイメージもあります。しかし実際には、既に設置済みのアンテナを撤去するというアンテナ工事もあります。例えばアナログ放送の時代にケーブルテレビに加入したことにより、デジタル放送に移行した現在では、不要になった屋根の上のVHFアンテナを撤去するという場合などがあります。また、現在設置しているタイプよりも、素数の優れたアンテナに交換するということも、見受けられるアンテナ工事です。その他にも、アンテナの向きを再調整する方向調整があります。これは台風を始めとした強風などの影響でアンテナの向きがズレてしまい、上手く電波が受信できなくなった時に重宝する作業になります。この様にアンテナに関連した工事には幾つかの種類がありますので、必要な工事が出た場合では専門業者に相談することがおススメです。

アンテナコンセントを交換するアンテナ工事

アンテナ関連の規格や仕様の変化は時代と共に移り変わっておりますので、古い住宅の場合では、ケースにより現在のアンテナ端子と合致しない場合があります。例えば現在では一般的に、F型コネクターがアンテナケーブルなどの接続端子として主流になっています。しかし古い住宅では壁に存在するアンテナ端子が同軸ケーブルや、場合によりましては平行フィーダータイプである場合もあります。その為、新しいテレビなどに買い換えた場合では、そのアンテナコンセントを交換する必要が出て来る場合もあります。そのアンテナ工事は通常のアンテナ工事を行う業者でありましたら、基本的に行ってくれますので相談してみると良いと言えます。町の商店街などにある電気店もその一つで、アンテナコンセントの交換に対応している場合が一般的でありますので、問い合わせてみることが効果的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*