レンタカーを激安価格で借りる際に事前に確認しておきたい事

以前と比べると、レンタカーを借りることが一般的になりました。これは自動車の所有率の低下や、所有するよりも必要な時だけ借りて使用する方が、費用が大幅に安くなるという事実があるからです。かつては所有する喜びを重要視したものですが、時代の変化とともに価値観も変わってきたのでしょう。利用者が増加したことで、大手の価格設定よりも非常に安い、激安店が進出してきました。大手の半額ほどで借りられることから、人気があります。もちろん自動車の整備が不十分であることはないですが、激安店を利用するときには確認しておきたい事があります。安くするにはいくつかの部分で大幅にコストを節約する必要があり、それを理解した上で利用する方が良いでしょう。便利さには変わりはありません。

設備の差や料金体系の差を見ておこう

激安レンタカーの車両には、禁煙車が無い場合があります。車種や仕様をなるべく少なくすることで管理のコストが下がりますし、売上の増減にも対応しやすくなります。気にならない、もしくは喫煙する方は問題がありませんが、事前に確認しておくべきです。また、基本料金は安く設定されていますが、その他の費用が意外と高い場合があります。延滞をすると追加料金が発生しますが、延滞時の単価が高額であったり、給油をせずに店舗へ戻ったときのガソリン価格が高い場合があります。基本料金を安く設定している以上、イレギュラーな使用に関してはシビアにならざるを得ない事情があります。もともと安いわけですから、余裕を持って借りると良いでしょう。カーナビが付いていない場合もありますが、こちらは殆どの場合事前に告知されます。

保険についても違っている場合があります

レンタカーを使用するときに不安になることは、トラブルが発生した時のことです。レンタカーは一日単位の保険をかけており、対人対物無制限のプランになっているはずです。しかし、業者によっては保険の免責金額や、車両が使えなくなる期間の補償について異なる場合があります。通常は数万円程度ですが、こちらも確認しておくと良いでしょう。しかし法外な金額が設定されているわけではありませんので、過度に心配することはないでしょう。安全運転を心がけることが前提にはなりますが…。激安店のデメリットは人によって異なります。自分に合う条件のお店を見つければ、以降はその店舗しか利用しなくなるでしょう。多くの場合は喫煙車になる程度で、他の部分では大手と変わらない品質で利用できます。