激安レンタカーを快適に乗りこなす方法

近年、数時間単位ではもちろん、丸一日借りても料金が安い激安レンタカーの貸し出しが増えました。レンタル代を押さえることによってその分他のことにお金を使うことができるため、利用する人も増えています。しかし、値段が安い分、一般的な価格のレンタカーよりさまざまなことが劣っている場合が多いです。例えば車自体の質です。大手の会社であれば内装や外装をきちんと掃除し、メンテナンスをしっかりと行っている場合が多いですが、激安の車両を提供する会社の場合、掃除やメンテナンスは最低限ということが多いです。さらに、走行距離がかなり多い車であったり、外装に傷やへこみが目立つ場合もあります。値段が安いことは魅力的ですが、このように何かしらの不具合は覚悟し、上手に活用することがおすすめです。

事前に準備しておくと便利なもの

激安レンタカーの場合、ナビやETCはオプション、つまり別料金という場合が多いです。そのため、ETCは仕方がありませんが、ナビはできれば自分で準備しておくと便利ですし余計なオプション料金がかかりません。ポータブルナビを持っているのならそれを持参することがおすすめですし、仮に持っていなくてもスマートフォンの地図アプリやナビを活用することもおすすめです。さらに、子供を一緒に乗せる場合、チャイルドシートが必要になりますが、チャイルドシートは貸し出し自体を行っていない会社が多いです。そのため、子供がいる場合はこちらも事前に準備しておくことが大切です。他にも、借りた車のにおいが気になるという場合もあります。こういったときに備えて、車用の消臭剤を持参することも便利です。

安心して利用するために、借りる前のチェック

レンタカーは返却する際に必ず傷のチェックをされます。これは車に傷がついていないか確認し、仮に傷ついていた場合は、修理代金などが請求される場合があります。しかし、激安で貸し出しを行っている会社の場合、もともとの車に傷やへこみ自体がついていることが多いです。だからといって、貸し出し後のチェックを怠るわけではなく、もしかしたら、自分がつけた傷ではないのに、後に修理費用を請求されることもあるかもしれません。そのため、車を借りる前には必ず担当者同伴の上、自分で外装の傷やへこみなどをしっかり確認しておくことが大切です。もし目立つ傷などがあった場合は、写真に撮って残しておくことも良いです。手間はかかりますが、後々の余計なトラブルを防ぎ、楽しいドライブにするために大切なことです。