北海道で車検の予約はいつからできるのか

いつ受けなければならないかをまず知っておこう

北海道に限らず、車検を受けなければならない時期は決まっています。普通の乗用車の場合には新車なら購入してから三年後、それ以外の場合には前回受けてから二年後までに受けることが義務付けられています。その日に受けるのが必須というわけではなく、一ヶ月前から受けられるのが基本です。12月14日が期日の場合には11月14日から受けられることになります。その時期に合わせて業者に連絡して必要な検査や整備を受けられるようにしておくことが必要です。

何日前から受け付けているかは業者によって違う

いつから車検の予約を受けられるかは依頼先の業者によって異なります。北海道ではディーラーだけでなく専門店やガソリンスタンドなどでも実施しているため、どこに相談するかをまず考えましょう。一般的には一ヶ月から三ヶ月前から受け付けています。しかし、業者による違いは大きく、二年前や三年前であっても受け付けてくれるケースもあるのが実情です。特に専門店では顧客獲得のために早期割引を実施していて、早めに予約すると安上がりになるシステムを導入していることもよくあります。いつから受け付けてくれるかは業者に直接聞いて確認することが大切です。ただし、自分で車を陸運支局に持ち込んで行うユーザー車検を選ぶ場合には公的機関で実施するので予約できる期間は限られています。二週間前からできるようになっていて、インターネットで申し込む仕組みになっています。専用のシステムにアクセスして入力するだけの簡単な仕組みなので、インターネットへのアクセス環境さえあれば気軽に日程を決めることが可能です。空きさえあれば当日でも対応してもらえるのが特徴で、午前中は8時まで、午後なら12時までに手続きをすれば良いという仕組みになっています。

適切なタイミングを見計らうのが大切

早めに予約してしまえば簡単と考えてしまうかもしれませんが、もしかすると当日になって検査をしてもらえる状況ではなくなる可能性もあります。北海道の冬に受けるという場合には豪雪で車を走らせられないリスクもあるでしょう。重要なのは早すぎず、遅すぎないタイミングを見計らって業者に連絡することです。そして、天候不良等のやむを得ない事情の場合には日程を変更してもらえるかどうかも確認しておくのが大切です。いつから受け付けてくれるかだけでなく、変更できる可能性についても合わせて業者に問い合わせるようにしましょう。

記事を共有する